ABOUT

世界を旅するハンドパン奏者「峯モトタカオ」

1985年生まれ。広島県出身。

パーカッショニストとして活動している中2015年5月、日本唯一のハンドパンメーカーSONOBEの音に魅了され購入。それを機に、ヒーリングを主として音楽で人の心を癒やすことが出来ればと思い、

ハンドパン奏者として活動開始。

2016年4月、ハンドパンだけを持ち約1年間に渡り13ヶ国をバスキング(ストリートパフォーマンスをして生活資金を稼ぐこと)しながら旅をする。

2016年10月、ハンドパンとピアノによる1時間のヒーリングCD

「On the night when the moon sheds dew」を発売。

2018年4月、1stアルバム「d」を発売。

2019年5月、ヒーリングCD「The earth」を発売。

現在東京を拠点とし、バスキング、ライブイベント、ワークショップ、楽曲提供、ダンスやヨガ、様々な楽器とのコラボなど、日本だけでなく海外でも幅広い演奏スタイルで活動しています。

 

ハンドパン(ハングドラム)は2001年に2人のスイス人によって開発された鉄製の新しい打楽器で、

音楽の3大要素であるリズム、メロディー、ハーモニーを1台で表現する事ができます。

A handpan player travelling around the world,TAKAO MINEMOTO.

Born in 1985 from Hiroshima,Japan.

Being as a percussionist until May 2015 when I met the handpan maker SONOBE. With this opportunity,I began my life as a handpan player with a wish to heal people with healing music.

In Apr 2016,I quitted my job and set off the busking journey(earning a living by street performance)travelling around 13 countries.

In Oct 2016,an one-hour handpan and piano healing music CD

 “On the night when the moon sheds dew”was released.

In Apr 2018,the 1st album “d”was released.

In May 2019,the healing CD “The earth”was released.

Though now based in Tokyo,my  work is not only confined to Japan but overseas including busking,live event,workshop,music provision,dance or yoga,collaboration with different musical instruments.

Handpan(hang)was a musical instrument innovated by two Swiss in 2001,with 3 major music elements: rhythm,melody,harmony,all reflected in one instrument.

世界旅行手碟鼓演奏家「TAKAO MINEMOTO」

1985年出生於廣島縣

2015年5月以打樂器開始活動,日本唯一的手碟鼓品牌SONOBE的音樂魅力而購買。機緣巧合下,我開始以治癒音樂為主,希望讓人有療癒心靈的音樂,正式開始我手碟鼓的活動。

2016年4月我只帶這我的手碟鼓約1年的時間,我去了13個國家街頭演奏表演賺取生活資金並旅行。

2016年10月我發行了首張手碟鼓與鋼琴合奏約1小時的療癒CD

「On the night when the moon sheds dew」

2018年4月1stALBUM「d」

2019年5月療癒CD「The earth」

現在在東京各處街頭表演、音樂演奏會、音乐研习会、樂曲提供、舞蹈及瑜珈...等等與各式各樣的樂器合奏,活動不侷限於日本,希望能擴展到海外表演演奏。

手碟鼓於2001年有2位瑞士人所開發的新樂器,

是1台能表現出音樂3大要素有節奏、旋律、和聲的新樂器。